インターカジノ攻略

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

       青山学院大学 研究者情報    English >>       TOPページ    基幹教員 担当科目 専門分野及び関連分野 学歴・学位 職歴 所属学会 研究課題・受託研究・科研費 研究業績(著書・論文等)     (最終更新日:2024-03-30 11:51:27)   ナカムラ タカユキ   NAKAMURA Takayuki   中村 隆之    所属   青山学院大学  経済学部 経済学科    職種   教授 ■ 基幹教員 主要授業科目担当 ■ 担当科目 演習,演習(卒業論文),経済学史Ⅰ,経済学史Ⅱ,経済思想史Ⅰ,経済思想史Ⅱ,経済学史演習Ⅰ,経済学史演習Ⅱ,博士前期課程研究指導Ⅰ,経済学史特論Ⅰ,経済学史特論Ⅱ ■ 専門分野及び関連分野 経済学説、経済思想, 思想史 (キーワード:ケインズ、ハロッド、動態経済学)  ■ 学歴・学位 1. 私立麻布高等学校 卒業 2. 京都大学 経済学部 経済学科 卒業 3. 京都大学 学士(経済学) 4. 京都大学大学院 経済学研究科 経済政策学専攻 修士課程修了 5. 京都大学 修士(経済学) 6. 京都大学大学院 経済学研究科 経済動態分析専攻 博士課程修了 7. 京都大学大学院 経済学研究科 経済動態分析専攻 博士課程 8. 京都大学大学院 経済学研究科 経済動態分析専攻 博士課程単位取得満期退学 9. 京都大学 博士(経済学) 5件表示 全件表示(9件) ■ 職歴 1. 2001/04~2004/03 京都橘女子大学 非常勤講師 2. 2004/04~2008/03 鹿児島国際大学 経済学部 専任講師 3. 2008/04~2012/03 鹿児島国際大学 経済学部 准教授 4. 2012/04~2016/03 青山学院大学 経済学部 経済学科 准教授 5. 2016/04~ 青山学院大学 経済学部 経済学科 教授 ■ 所属学会 1. 1998/04~ 経済学史学会 2. 2008/04~2022/03 進化経済学会 ■ 研究課題・受託研究・科研費 1. 2012/04~2014/03  ケインズの「投資の社会化」について 個人研究  2. 2008/03~  ケインズの学説史的位置づけ 個人研究  3. 2012/04~2014/03  ハロッド経済学の意義 個人研究  4. 1998/04~2001/03  ポストケインズ派の寡占・貨幣経済理論、及びその財政・金融・所得政策上の含意の研究 特別研究員奨励費(研究代表者(単独))  ■ 研究業績(著書・論文等) 1. 著書  ハロッドの思想と動態経済学   (単著) 2008/03 2. 著書  はじめての経済思想史:アダム・スミスから現代まで   (単著) 2018/06 3. 論文  I.M.ヤングの責任の社会的つながりモデルを成り立たせる経済的条件 : 道徳的行為の資源と「富の責任」制度 青山経済論集 70(4),73-95頁 (単著) 2019/03 4. 論文  「企業の社会的責任」とアダム・スミス問題―倫理と法・経済システムの接合― 『青山経済論集』 53-78頁 (単著) 2015/03 5. 論文  多元的価値創造時代における「投資の社会化」:株式会社の公共化と動態的経済倫理 『経済研究』(青山学院大学経済研究所) (6),21-47頁 (単著) 2014/03 6. 論文  ケインズの「投資の社会化」概念の変遷―マーシャルとの関係を通じて― 青山経済論集 159-177頁 (単著) 2013/03 7. 論文  「市場」という神様 : ケインズの投機論の意義 青山経済論集 177-197頁 (単著) 2016/12 8. 論文  ハロッドの感情論―ウィーナー=安冨の学習理論を手がかりに― 青山経済論集 137-155頁 (単著) 2015/09 9. 論文  シュンペーターの資本主義衰退論―空回りする経済・英雄的企業者と「社会化」― 青山経済論集 49-71頁 (単著) 2013/09 10. その他 書評 牧野邦昭著『戦時下の経済学者』 鹿児島経済論集 589-593頁 (単著) 2011/03 11. その他 (Book Review) Peter Earl and Bruce Littleboy, G. L. S. Shackle, Palgrave Macmillan, 2014 経済学史研究  (単著) 2016/07 12. 論文  知識の進化に関する学説史的考察 八木紀一郎他編『進化経済学の諸潮流』日本経済評論社  (単著) 2011/01 13. 論文  特許制度における私益と公益の調和―レントの公共的利用を通じて― 地域経済政策研究(鹿児島国際大学大学院経済学会) 171-188頁 (単著) 2009/03 14. その他 書評 Besomi, Daniele: The collected interwar papers and correspondence of Roy Harrod: Cheltenham 経済学史研究 104-106頁 (単著) 2008/07 15. 論文  スラッファの問題提起とケインズ『一般理論』の応答―菱山泉氏の研究に即して― 鹿児島経済論集 193-205頁 (単著) 2008/06 16. 著書  ケインジアンと自由市場主義者 1980-1989  64-120頁 (単著) 2016/10 17. 論文  J.E.スティグリッツー「情報パラダイム」の開拓― 根井雅弘編『現代経済思想』ミネルヴァ書房  (単著) 2011/03 18. 論文  ポール・A・サミュエルソン―王者の折衷主義― 根井雅弘編『現代経済思想』ミネルヴァ書房  (単著) 2011/03 19. 論文  独占的競争と消費者主権-カルドア「市場不完全性と過剰能力」(1935)の観点から 鹿児島経済論集 507-520頁 (単著) 2011/03 20. 論文  アウトソーシングの国際貿易上の効果に関するサミュエルソン論文について 鹿児島経済論集 127-137頁 (単著) 2010/03 21. 論文  ケインズのモラル・サイエンス : イギリスの伝統的枠組みの継承と断絶  45-62頁 (単著) 2006/06 22. その他 功利と成長の動態経済学:ハロッド重要論文選   (単著) 2022/02 23. その他 書評 リンダ・ユー(久保恵美子 訳)『アダム・スミスはブレグジットを支持するか?―12 人の偉大な経済学者と考える現代の課題』 早川書房,2019 年 経済学史研究 62(2),102-103頁 (単著) 2020/01 24. その他 [書評]只腰親和・佐々木憲介編『経済学方法論の多元性:歴史的視点から』(蒼天社出版、2018年) 關西大學經済論集 69(1),83-95頁 (単著) 2019/06 25. その他 サムエルソン『経済分析の基礎』 根井雅弘編『経済学』(人文書院) 89-95頁 (単著) 2014/06 26. その他 サムエルソン『経済学』 根井雅弘編『経済学』(人文書院) 32-38頁 (単著) 2014/06 27. その他 ソロー『成長理論』 根井雅弘編『経済学』(人文書院) 44-53頁 (単著) 2014/06 28. その他 ハロッド『動態経済学序説』 根井雅弘編『経済学』(人文書院) 40-46頁 (単著) 2014/06 5件表示 全件表示(28件)  閉じる   このページの先頭へ Copyright © Aoyama Gakuin University. All Rights Reserved.

beebet ゲートオブオリンパスデモ plinko ecopayz出金方法
Copyright ©インターカジノ攻略 The Paper All rights reserved.